脱毛 医療レーザー

医療レーザー脱毛が話題になっている理由とは?

 

現在では、さまざまな脱毛の方法が知られるようになっていますね。

 

特に最近話題として上ることの多いのが、医療レーザーを使った医療脱毛の分野です。

 

そこで今回は、医療レーザーを使った脱毛について、お話していこうと思います。

医療レーザー脱毛とは?

 

そもそも医療レーザー脱毛とは、どういうものなのでしょうか?

 

一言で言えば、医師しか使用できない医療用レーザーによる脱毛です。

 

つまり、病院やクリニックなどで行われる脱毛施術ということになります。

 

ほとんどのケースでは、永久脱毛することができます。

 

 

医療レーザー脱毛はどのようにして行うの?

 

医療レーザー脱毛では、黒い色素のみにレーザー光線が集中する医療用のレーザーを使用し、ムダ毛の毛根部分にそのレーザーを照射します。

 

そのことによって、皮膚にダメージを与えずに毛根を破壊していきます。

 

毛根自体が破壊されるわけですから、そこからは永久に毛は生えてこないことになりますね。

 

特徴としては、毛根部分のみに作用するしくみのため、皮膚にやけどを起こしたりシミを作ることなく、処置できることです。

 

他の部分に影響をあたえることなく、ムダ毛を生み出す細胞だけを壊すことができるため、安心かつ安全なわけです。

 

 

医療レーザー脱毛のその他のメリットは?

 

医療レーザー脱毛は、皮膚にダメージを与えずに行える以外にも、さまざまなメリットがあります。

 

まず、電気脱毛とは異なり、1本ずつ処理する必要がなく広範囲にわたってできることから、大幅に時間を短縮することができます。

 

また、医療レーザー脱毛は、使用する部位を選ばないため、体のいろいろな部分に用いることが可能です。

 

さらに、ここで使われるレーザーは、黒い部分にのみ反応するため、お肌が弱い人でも比較的容易に施術することができます。

 

脱毛自体以外でも、結果として毛穴がふさがることになるため、お肌のくすみなどが改善することで、美肌・美白の効果ももたらしてくれます。

 

 

医療レーザー脱毛の注意点は?

 

医療レーザー脱毛の施術の際には、輪ゴムを皮膚の上で弾いたような痛みを感じることがあります。

 

ただ、人によって感じ方が変わってきますが、一般的には程度の軽い痛みと言えるでしょう。

 

どうしても痛みに耐えられない場合には、麻酔を使用することもあります。

 

また、医療レーザー脱毛の処置をした後は、お肌が敏感になっている状態です。

 

なので、少々の刺激であっても肌荒れなどを起こすこともありますので、その点は念頭に入れておきましましょう。

 


トップページ